部分染めと全体染めの違い

白髪染めの種類に、全体染めと部分染めがあります。初めて白髪染めを行う人のほとんどが、全体染めを利用するのではないでしょうか。

 

白髪染めの効果はお洒落染めより長いため、しばらくの間は髪がきれいな状態を保ちます。黒く染めた人など、年齢のわりには髪色が黒すぎるということもあるかもしれません。

 

白髪染めの効果が切れた頃には、白髪が目立つようになって驚くこともあるでしょう。

 

白髪染めは、定期的に染めなおしを行う必要が出てきます。それが部分染めといわれるもので、またの名をリタッチといいます。

 

参考:自分でリタッチカラーをしよう | 白髪染めランキング

 

どうしても生え際の白髪が目立ちますから、生え際用に白髪染めを行うのです。全体を染めるわけではないので、髪への負担は少なくなります。白髪が伸びてくるたびに、リタッチはこまめに行いたいものです。

 

ただ、部分染めだけを使用していると、毛先が退職して色ムラが出てきます。部分染めだけの連続使用も、避けたほうがよいでしょう。

 

部分染めに便利なのは、チューブタイプの白髪染めです。使いたい分だけ出して、白髪部分に塗るのです。

 

塗るのに時間がかかる全体染めよりも色ムラができにくく、簡単に行えます。全体染めでうまく染められなかった場合にも、部分染めが役に立ちます。

 

黒い髪の部分には塗らずに白髪の部分に集中して塗れるので、髪への負担がほとんどかからないのもメリットです。