イソフラボンの過剰摂取はどうなる?

イソフラボンを過剰摂取してしまうと、健康が不調になってしまう可能性もあります。

 

閉経前の女性がイソフラボンの過剰摂取をしてしまうと、生理の周期が乱れてしまいやすくなることもあります。

 

最近、雑誌やテレビなどでも、女性ホルモンとイソフラボンは効果が似ているから、摂取をすれば美容効果が得られるとして紹介されています。

 

ですから、女性で年齢にかかわらず、イソフラボンに関心を抱いている人が多いのですが、摂取量まで考えずに、闇雲に摂取してしまっている人もいるのですが、これはリスクが伴ってしまいます。

 

イソフラボンの過剰摂取をしている人の多くは、食事で過剰摂取をしているのではなく、サプリメントを服用して過剰摂取をしているでしょう。

 

もしも妊娠中や授乳中の女性が過剰摂取をしてしまった場合、ホルモンバランスが反対に崩れてしまう可能性もあります。

 

まだ実験データがあるわけではないのですが、できることなら、妊娠中や授乳中の女性はサプリメントでイソフラボンを摂取しないようにしたほうがいいでしょう。

 

メディアなどでは閉経をした女性に対して効果があると紹介されているのですが、閉経後であれば過剰摂取をしてもいいというわけではありません。

 

実際に、閉経後の女性がイソフラボンの過剰摂取をしてしまったことによって、子宮内膜増殖症になってしまったというケースも少なからずあるのです。

 

ですから、イソフラボンのサプリメントを摂取するのであれば必ず摂取量を守るようにしてください。