上手な白髪染め

プロに染めてもらうときれいに仕上がるとはわかっていても、美容院に行く暇がない、お金がかかる、という問題から自宅での白髪染めを選ぶ人が少なくないようです。

 

自宅での白髪染めも、マスターすればきれいに仕上げることは可能です。自宅での白髪染めのコツをおさらいして、これからは自信の持てる自宅染めをしてみませんか?

 

白髪染めをするときの温度

 

白髪染めは、室温が高いとよく染まります。白髪染めは、室温を20〜25度にした設定で作られているのが一般的ですから、説明書に書かれている放置時間を室温によって調整することが必要です。

 

夏場と冬場で、5分くらいずつプラスマイナスするとよいでしょう。

 

塗布後の時間

 

髪が硬い質の人は、染まりにくいという傾向があります。その場合、放置時間を5分くらい長めにしてみましょう。髪が柔らかくて染まりやすい人は、少し早めに洗い流すことをおすすめします。

 

白髪染めの量

 

ムラをなくすには、染料を髪に多めにつけるのがコツです。1箱だとセミロングくらいの長さに染められますが、もうちょっと髪が長い人は2箱使ってみてください。けちっていると、色ムラになってしまいますよ。

 

染料のすすぎ

 

白髪を染めた直後のアルカリ性に傾いた髪は、傷みやすくなっています。すぐにお湯で染料をよくすすいで、キューティクルを閉じるようにしてください。その後はシャンプーで二度洗いして、染料を髪に残さないように。ヘアカラー専用のシャンプーやコンディショナーを使ったり、弱酸性のシャンプーでやさしく洗ってあげてください。